スポーツビジョンの目的

スポーツビジョンの目的は、スポーツ選手の視覚能力や視覚と身体機能の結びつきを最大限に発揮させ、運動機能を向上させ、最高のパフォーマンスを発揮させること、そしてより良い競技成績を獲得しようとすることです。

スポーツビジョンの必要性

スポーツビジョンの必要性として、以下の3つがあげられます。

1.選手が身体能力を十分に発揮して、競技力の向上をはかる

スポーツ選手が、身体能力を発揮するためには、視覚が機能すること、眼に疾患がないことが必要条件です。スポーツビジョン(検査)によって、これら眼の問題も確認することができます。

2.スポーツ眼外傷を減少させる

眼外傷は、学校の体育部活動において発生件数が高くありません。しかし重篤な障害に至る例も多く、スポーツビジョン(眼の保護)によって、スポーツ眼外傷を減少させることは重要です。さらに健康時のスポーツビジョン測定における個人の測定数値が、万が一に眼外傷を受傷したときの回復過程に役立ち、競技復帰の指標となります。

3.新たな視機能や視覚能力が解明できる機会になる

スポーツという特殊な状況での、視覚能力や視覚と身体の関連性が体系的に研究されることで、多くの可能性が広がります。スポーツだけでなく、日常生活における子どもや高齢者の視覚と身体の関連など、今まで明らかになっていない機能や能力が解明されれば、子どもの発育、高齢者の健康などに寄与する可能性も考えられます。

第2回「日本スポーツビジョン協会 認定資格」試験を開催

 

【機関誌の刊行】

日本スポーツビジョン医科学研究

 日本スポーツビジョン医科学研究会に投稿された論文を機関誌 としてまとめていきます。日本スポーツビジョン医科学研究会の 個人会員および、日本スポーツビジョン協会の賛助会員(企業) に定期的にお届けします。
 また、会員限定のニューズレターも定期的に発行しています。