第5回近視研究会学術集会 視聴レポート

2020年10月24日(土)、第5回近視研究会学術集会がオンライン形式で開催されました。近視研究会は、近視に関わる研究を広く実施し、人々を近視から守ることで社会に貢献することを目的に、様々な活動を行っています。この学術集会は2016年から開催されており、慶應義塾大学医学部眼科学教室教授の坪田一男先生が会長、同教室専任講師でスポーツビジョン医科学研究会副会長の栗原俊英先生が事務局長を務めています。

日本スポーツビジョン協会 ホームページの会員限定ページでは、当日配信された講演の中から、いくつかをピックアップして内容をご紹介しています。

日本スポーツビジョン協会は第6期の活動を開始しました

日本スポーツビジョン協会は、2020年9月30日で第5期が終了し、10月1日から第6期の活動を開始しました。それに伴って日本スポーツビジョン医科学研究会は、臨床医学、スポーツ科学・パラスポーツ科学、学術研究、教育実践の4つのカテゴリーになり、より具体的な活動を行ってまいります。よろしくお願いいたします。