協会顧問の紹介 中田勝義

日本スポーツビジョン協会 顧問の中田勝義先生は、眼科学校医として20年以上学校保健に携わってこられました。眼科専門医の立場から、当協会にも貴重なご意見、ご提言をいただいています。

◎中田先生からメッセージ
「日常の生活で眼鏡等で矯正していながら、スポーツ時は眼鏡は危ないからと裸眼でプレーする青少年が少なからずいることは問題です。スポーツ、特に球技(野球、サッカー等)では視力矯正を正確にすれば、その競技能力が発揮できるという報告があります(枝川ら)。視力矯正をおこなった上で、視機能とそれぞれの競技能力との結びつきを高めることが、スポーツビジョントレーニングといえます」